南都銀行でライフプラン

金融機関で資産運用する際は計画を立てると捗ります。資産の貯め方をあらかじめ決めておけば、それにピッタリの金融商品を選ぶことができますし、計画的に貯蓄することでお金の心配もなくなります。とはいえライフプランという言葉に馴染みのない人も多いです。簡単に言うと、ライフプランとは人生設計に基づいて将来必要となる資金をやりくりする計画のことです。とくに3大資金と呼ばれる教育資金、住宅購入資金、老後資金は必要金額が多いです。

教育資金に関しては、大学の学費の捻出に頭を悩ませる人が後を絶ちません。中でも私立大学は学費が高い傾向にあり、経済的な事情で進学を諦める人もいます。しかし南都銀行の教育ローンを使えば学費の心配はいりません。入学金や授業料などの教育資金を低金利で借りることができるのです。教育ローンなら奨学金や特待生制度と違って学業成績や定員に条件がなく、信用情報が良ければ誰でも利用できるというメリットもあります。

教育ローンより利用者が多いのが住宅ローンです。マイホームを持たない人や実家で同居する人もいますが、自力で購入するときは高確率で申し込むことになります。しかし住宅ローンは手数料が高く、固定金利や変動金利といったそれぞれの金利タイプを選択するにも手数料がかかります。そのため返済額を多めに用意する必要があります。ローンを利用する前に積立定期預金などを使い、自己資金を貯めておくことも大切です。

教育資金や住宅資金より切実とも言えるのが老後資金です。退職後の生活費のことで、年金制度や退職金があるとはいえ、医療費や思わぬ出費で貯蓄はすぐに減ってしまいます。そのためすでにある資金を定期預金を使って高金利で運用したり、保険を契約して保険金を受け取れるようにしておくと効果的です。