目黒信用金庫が力を入れているサービス

目黒信用金庫の地域密着型金融の取り組み

目黒信用金庫は地域金融機関として地域社会の発展に寄与することを経営方針としています。とくに地域社会の発展のために地域密着型金融を掲げており、営業地域を一定範囲内に抑えて狭域高密度営業態勢の高度化を進めることで、営業地域内の中小企業や個人利用者を集中的に支援しています。中でも積極的に支援しているのは中小企業を中心とした取引先企業で、それぞれの企業が抱える課題に合わせて融資を軸とした様々な支援を行っています。

目黒信用金庫が取引先企業に対して行う様々な支援の中で、とくに目立つのが企業再生支援活動です。きめ細かい相談態勢によって取引先企業ごとの課題を把握し、創業支援、経営支援、新事業支援など取引先企業に合った形の支援を行っているのです。毎年コンスタントに10数件の支援実績を上げており、1年間で行う融資の総額は1億円近くに上ります。このような取引先企業に対する支援活動には、地域経済が活性化されるという効果もあるため、取引先企業だけでなく地域社会全体に対する貢献活動でもあります。

目黒信用金庫は取引先企業に適した支援を確実に実行するために、人材育成機能の充実にも積極的です。具体的には営業店職員を外部研修に派遣するなどしており、取引先企業の対応を行う職員のスキルアップを目指しています。同様の取り組みは多くの金融機関が行っており、各種講習会や研修会の開催、中小企業診断士や社会保険労務士の養成などを行っています。こうした取り組みを継続的に行うことで融資や資産運用など分野ごとの業務スキルが高い職員が育成され、中小企業や個人利用者がより快適に取引できるようになるのです。

また目黒信用金庫は2008年から地域活性化推進委員会を設置しており、営業地域内の情報や問題を集積して支援業務に役立てています。たとえば地域情報を逐一得ることによって、地域の再開発や道路整備などによる地域環境の変化に敏感になることができ、移転資金や住み替え資金などを効果的に支援することができます。